実印は偽造防止からフルネームで作ることをおすすめします

SITEMAP

印鑑

実印証明書とは

〈実印証明書とは〉 実印証明書とはその名のごとく、その人の実印であることを証明する書類です。 〈実印証明書はどんな時につかうのか。〉 例えば、奨学金を借りるときに、契約書に押した印鑑は実印でなくてはなりません。そして、その時に使用した印鑑が実印であることを証明するために実印証明書うが必要です。また、住宅ローンを組むとき、家を売却するとき、賃貸住宅を借りるときなどにも必要です。 〈実印証明書はどこで作るのか。〉 自分が住んでいる町の市役所に行けば作ることができます。この時に印鑑登録カードが発行されます。これは、実印証明証をとるときに必要ですので、なくさないように保管してください。 〈実印証明書はどのようにしてとるのか。〉 実印証明証をとる際に必要なものは、
①実印登録をする際に発行した印鑑登録カード(または住民基本台帳カード、個人番号カードがありば大丈夫です。)
②手数料(場所によって多少違いますが、大体数百円くらいです。)
③本にの確認書類(パスポートや運転免許証などです。必要のないところもあります。) 〈本人しか取れないのか。〉 上記の三つがそろっていれば、誰でも取れます。 〈実印におすすめの材質はなにか。〉 彩樺というものが朱肉のなじみがよく、実印などの大切な印鑑には最適です。

UPDATE CONTENTS

TOP