実印は偽造防止からフルネームで作ることをおすすめします

SITEMAP

印鑑

大きなサイズの実印を作りました

実印が必要になったのは、初めてマンションを購入することにした時でした。何か特別な印鑑というイメージが強かったので、最寄りの駅前にあったハンコ屋さんに飛び込みました。自分で印鑑を注文することも生まれて初めてのことでしたので、正直に店主に相談しました。扱いやすい客と思われたのか、親身になってくれたのか、よくわかりませんが、自分の知らない印鑑のことを説明してくれました。 実印もいろいろなサイズ、材質がありましたが、一生使うものだから良い材質のもので作ったほうが良いというコメントでした。知識がなかったこともあり、素直に店主の意見に従って、紹介された中では一番大きなサイズ、材質も彩樺で作ることにしました。出来上がった実印を見ると、確かに立派でした。
費用も高かったのですが、実印という特別なものにふさわしいという感じでした。なんとなくステータスシンボルとなりそうな印象でした。その後、マンション購入の際や、その後マンションの売却などで何回か実印を使いましたが、ほかの方の実印と比較すると、私のものよりも小さなサイズの実印ばかりでした。購入直後は、見るからに立派なものを作ってよかったと思いましたが、使ってみると人生で実印を使うケースが少ない人間にとっては、無駄な出費であったかもしれないと思うこともあります。

UPDATE CONTENTS

TOP